ブラジル

  1. モンテ・シナイ

    国際品質コンテスト「カップ・オブ・エクセレンス」2015で3位を受賞したモンテ・シナイ農園は、ミナスジェライス州アラポンガ市に在ります。この農園は5世代目のオーナー ルイス マウロ氏が父親と共同で経営しています。セラ ド ブリガデーロ州立公園に近く、豊かな森に囲まれ標高は1,200mです。献身的な手…

  2. セルトン・ジーニョ

    国際品質コンテスト「カップ・オブ・エクセレンス」2015で5位を受賞したセルトンジーニョ農園はミナスジェライス州南部のクリスチナ市に位置しマルシオ・リベイロ氏を中心とする小規模農園です。標高1,250mと恵まれ、手摘み・選別等の手厚い対応がスペシャルティコーヒーの生産につながっています。品種はイエロ…

  3. シティオ・ベラ・ビスタ

    国際品質コンテスト「カップ・オブ・エクセレンス」2014で7位を受賞したシティオ・ベラ・ビスタはミナスジェラス州ドン ビソソ市に位置する面積17haの農園です。多くのコンテストで入賞経験があり、オーナーのマルシオ・エレノ氏を中心としてサステナブルな生産がなされています。標高1,225mで品種は今話題…

  4. シティオ・サン・セバスチャン

    国際品質コンテスト「カップ・オブ・エクセレンス」2015で1位を受賞したシティオ・サン・セバスチャン農園はMG州南部クリスチナ市にあり オーナーのセバスチャン シルバ氏は1h未満からスタートし現在は4農園85haまで拡張。09年にはイリコーヒーアワード1位入賞、COENSでは14年・15年連続1位入…

  5. ファゼンダ・カンバーラ

    国際品質コンテスト「カップ・オブ・エクセレンス」2012で6位を受賞したカンバーラ農園は、カルモ・デ・ミナス地区ミナス・ジェライス州南部に位置し山岳地帯による寒暖差のある気温、肥沃な土壌で有名なブラジルでも有数のコーヒー産地です。このコーヒーはブラジルで一般的な処理方法であるナチュラル限定の品評会で…

  6. シティオ・カフェザール

    国際品質コンテスト「カップ・オブ・エクセレンス」2012で3位を受賞したシティオ・カフェザール農園では、カトゥアイ・アカイアなどの品種のコーヒーを生産し、2005年12月にイエローブルボン種が紹介されました。一般的にコーヒーの実は赤色ですが、この種は黄色に熟し、より甘さを感じるのが特徴。土壌気候はも…

  7. コリーナ・ダ・ペドラ

    国際品質コンテスト「カップ・オブ・エクセレンス」2011で6位を受賞したコリーナ・ダ・ペドラ農園はこのコーヒーはミナスジェライス州の寒暖のある雨に恵まれた海抜1450mの高地に位置します。100年に渡りコーヒー栽培が世襲され、特にこの十年間はスペシャルティコーヒーに特化、オーガニック製法を取り入れ、…

  8. ファゼンダ・サンターナ

    Fazenda Sant'Anaは南ミナスジェライスにオリンピオノロニャの町から4km離れたところに位置しています。 ビルは、1,090~1,280メーターに及びながら、高度で山とコーヒー分野の間の谷の中で半ば覆われています。顕著な200年の歴史で、Fazenda Sant'Anaはすばらしいコ…

  9. シティオ・モンテ・ベルデ

    FazendaサンタルチアはSERTAO GROUPに属します。 農場の地理的な位置、高度、および気候はそれを地方の参照にします、最も高い年間降水量を伴う農場の1つとして。 専門に加えて、コーヒーであり、Sertao GroupはGirolando牛を育てます。 グループは名門のブランド"GIROL…

店頭販売中!

最近の記事

PAGE TOP