グアテマラ

  1. リオ・アリバ

    国際品質コンテスト2015で10位を受賞したリオ・アリバ農園はグァテマラシティから約50kmのパレンシア市に在り、標高は1,750m~2,000m、総面積100haの規模を誇っています。松・糸杉等のシェードツリーを利用しての日陰栽培がコーヒーにとって有利な気候を作り、生物多様性保護にも役立っています…

  2. モンテクリスト

    国際品質コンテスト2014で10位を受賞したモンテクリスト農園はグァテマラコーヒーのメッカ、ウエウエテナンゴ地区ラ・リベルタ市に位置し標高は1,219m面積39haの農園です。2009年、先代のオーナーの時にCOE 2位入賞の輝かしい実績があります。品種はブルボン・カツーラで、水洗処理による類まれな…

  3. モンテクリスト

    国際品質コンテスト2014で10位を受賞したモンテクリスト農園はグァテマラコーヒーのメッカ、ウエウエテナンゴ地区ラ・リベルタ市に位置し標高は1,219m面積39haの農園です。2009年、先代のオーナーの時にCOE 2位入賞の輝かしい実績があります。品種はブルボン・カツーラで、水洗処理による類まれな…

  4. ウィツ・マティグ

    ウィツ・マティグ農園は、国際品質コンテスト2013で10位を受賞したコーヒーです。ウエウエテナンゴ地区のラデモクラシア市の山脈地域に位置し標高は1,370~1,830mです。面積135ヘクタールで1957年から3代続いた農園です。標高度の高さと気候に恵まれ、収穫された高品質なコーヒーは豊かで力強いフ…

  5. サン・ホセ・ラ・トラベシア

    カップ・オブ・エクセレンス(COE)とはスペシャルティ・コーヒーの中から最高品質を決める国際品質品評会です。現在約40カ国から招聘される国際審査員が、コーヒーの際立つ風味の特性や酸味の明るさ・さわやかさなどを審査し高得点を得たコーヒーに授与されます。現在9カ国が参加。「サン・ホセ・ラ・トラベシア」は…

  6. サン・フリアン

    サンフリアンコーヒー農園のコーヒー栽培場は標高の5,500フィートで始まります。 この美しい状態はグアテマラ市からパレンシア、40km離れたところに位置しています。サンフリアンは、最初から、2000を買われて、始めました。 それが現在コーヒー農園を管理する第一世代ですが、第四世代は、グアテマラで…

  7. アロテペケ

    Alotepeque農場はコンセプシオンLasミナス、チキムラに非常に特別な微気候に位置しています。 彼らは農場の70%にコーヒーを生産します、そして、30%は天然林です。 特性は1200年から標高の1600メーターまで立ちます。農場が持っている、上流、Las川では、ミナス、提供する重要なソース…

店頭販売中!

最近の記事

PAGE TOP