リオ・アリバ

国際品質コンテスト2015で10位を受賞したリオ・アリバ農園はグァテマラシティから約50kmのパレンシア市に在り、標高は1,750m~2,000m、総面積100haの規模を誇っています。松・糸杉等のシェードツリーを利用しての日陰栽培がコーヒーにとって有利な気候を作り、生物多様性保護にも役立っています。品種はブルボン・カツーラです。

明るく滑らかな質感 さわやかさがあり、深みのある 赤ワイン・スィートチョコを想わせる風味特性

おすすめ記事

  1. コバン地区サン・クリストバル産ハニーコーヒー
  2. クーパック・ガケンケ
  3. シティオ・ダ・トーレ農園
  4. リオ・アリバ
  5. モンテ・シナイ
  6. セルトン・ジーニョ
  7. モンテクリスト

関連記事

  1. サン・フリアン
  2. モンテクリスト
  3. アロテペケ
  4. モンテクリスト
  5. ウィツ・マティグ
  6. サン・ホセ・ラ・トラベシア

店頭販売中!

最近の記事

PAGE TOP