カップオブエクセレンスとは

プロカフェの名に恥じない最高品質のコーヒー豆

消費者が口にするそのコーヒーの風味が素晴らしい美味しさであること。つまり、私たちが飲むその一杯に対して、最高の中の最高を評価されたコーヒーが、国際評価基準で最高の称号「カップオブエクセレンス」の称号を与えられたコーヒーです。

カップオブエクセレンスの興隆

「美味しいコーヒー」と一言で言っても、飲む人によりその評価は異なります。これはどうしても仕方のない事なのですが、コーヒーの評価とはどういうものなのでしょうか。
一般的なコーヒー「コマーシャルコーヒー」或いは「コモディティコーヒー」では、コーヒーの品質を決める評価基準が、「味、匂いにどんな欠点があるか」といった内容でそのコーヒーの品質を評価してきました。これは、価格競争が基になって広く定着してきたからです。
「まずくはない」コーヒーは広く世界に普及しました。しかし、本当においしいコーヒーとは何なのか。カップオブエクセレンスのコーヒーは、「美味しさ」を競争原理の基とし、客観的尺度をもって真においしいコーヒーを求めて興隆してきたのです。

カップオブエクセレンスは国際評価基準の最高ランク

カップオブエクセレンスはいくつもの評価段階を経て、最高の中の最高の称号を得たコーヒーです。世界に流通する、ほんの一握りのコーヒーがカップオブエクセレンスです。

カップオブエクセレンスの評価について

  • メジャーな欠点のあるもの(発酵臭、リオ臭、フェノール臭)はスペシャルティコーヒーにはなりません。「風味(味と香り)」、「口に含んだ質感」、「酸味の質感」の三つが評価の基準となります。
  • 「風味特性」は更に「風味特性の透明感、爽やかさ」、「口に含んだ甘さ」、「風味特性は具体的に何か」、「後味の印象度、時間差を持った別の風味特性が現れるか」を別々に評価します。この際の評価・判定は、コーヒーの液体が熱い時、ぬるくなった時、冷えた時に分けて、別々に評価します。
  • 「口に含んだ特性」は、「コーヒーの液体の重量感」、「口の中でのコーヒー感の広がり」、「オイリーさ、クリームに似た感触の程度」、「後味の持続性と、最後にコーヒー感が口の中から消える時の甘さの感覚で消えて行くか否か」を評価します。
  • 「酸味の質感」は、「何か果物の酸味を連想させる特性か」、「酸味の明るさ」、後味の爽やかさ」、「酸味の滑らかさ」、「酸味はしっかりとして生き生きとしているか」、「酸味の口に広がる質感、酸味の立体感」を評価します。
  • 更には「これらの風味特性の均衡性と心地よさ」、「個人的な好き、嫌いを含めた総合的評価」を評価・判定します。

世界基準の評価へ

これらのスペシャルティコーヒーを評価・判定する項目は、それぞれが別個に独立して判定し、評点を項目毎につけます。ここの項目毎の評点を合計して、それぞれのコーヒーの液体(カップ・クオリティ)を評価するのです。評価に当たっては評点を付けるだけではなく、それぞれの項目内容を文言、表現を記入します。この表現文言、単語は、世界共通のものを使います。
このようにして評価・判定すると、消費国により、ロースターにより「酸味の強弱・質感」に対する評価に多少差異はありますが、ある程度以上の評価技術を持ったカッパーが評価・判定すると、世界共通の評価が可能となるのです。

生産者の喜び

こうしてカップオブエクセレンスの称号をつかんだ農場の人達は最高品質の名誉を受け、世界中からコーヒー豆を買われていくのです。普通に生産し、流通させるよりも、カップオブエクセレンスの称号を得たコーヒーは高く買い取られることでしょう。これは農家にとって最高の幸せではないでしょうか。
農家の人達もまた、最高品質のコーヒーを作ろうと、さらなる努力をすることが出来るのです。

私たちのもとへ

世界中のロースターは、インターネットオークションや現地に買い付けに行くなどして、カップオブエクセレンスのコーヒー豆を手に入れます。本当においしいコーヒーを消費者に届けたいというロースター達によって、私たちの口に届くのです。カップオブエクセレンスの称号を得たコーヒーを飲めることは、とても幸せなことであると言えるでしょう。
このような、数少ない貴重なコーヒー豆を扱っています。ぜひご店頭へお越しくださいませ。

店頭販売中!

最近の記事

PAGE TOP